ページメニュー ×

 HOME > > 組合概要

川越東部工業会協同組合の概要

川越工業団地は、昭和56年3月川越市内の住工混在を解消し、

理想的な都市づくりをするため、埼玉県企業局により造成されたものです。 当協同組合は、この工業団地内の企業及び市東部に所在する企業110社余りによって構成されております。

組合設立以来、地域社会との共存共栄をモットーに、組合員企業と地域社会の発展のために各種事業を積極的に展開しております。



名称 川越東部工業会協同組合
設立 昭和61年10月
会員数 112社(平成24年6月現在)
所在地 〒350-0833 川越市芳野台1-103-57  >> 交通アクセス
TEL : (049)224-6602 FAX : (049)226-0456
URL

http://www.kei.or.jp/

組合員の資格

1. 建設業、食料品製造業、木材・木製品製造業、家具・装備品製造業、

パルプ・紙・紙加工品製造業、出版・印刷・同関連産業、化学工業、

石油製品・石炭製品製造業、繊維・機械器具建築材料等卸売業、

ゴム・製品製造業、窯業・土石製品製造業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、

金属製品製造業、一般機械器具製造業、電気機械器具製造業、

輸送用機械器具製造業、精密機械器具製造業、その他の製造業及び

貨物自動車運送業を行なう事業者であること。

2. 川越市内に事業所を有すること。

川越工業団地のあらまし

目的 川越工業団地は、市街地に混在する企業の再配置を促進することにより、土地の有効利用と、企業の存立基盤を確保することとして造成されたものであります。
計画

川越工業団地は、埼玉県企業局が昭和48年に事業着手し、8ヶ年継続事業として造成工事を行い、昭和56年3月に完成したものであります。

施工面積 715,780平米
分譲面積 571,36平米
土地利用 工業用地
総事業費 143億4300万円
上水道 川越市営水道による計画入水量3,600t/日
下水道 1.雨水排水は、樋管を経て入間川に放流 2.有機質系工場排水は、圧送ポンプにより川越市公共下水道に接続 3.無機質系工場排水は、自家処理後圧送ポンプにより新河岸川に放流 4.2.3.は昭和58年4月から荒川右岸流域下水道に接続した
公園 2ヶ所あり、面積は22,000平米、テニスコート4面、池、遊歩道の施設がある
遊水地 4万平米の遊水機能を有するが平常時は底面を野球場として利用する
工業生産高/年 2,000億円
就業人口 5,500人(平成18年10月現在)